HOME > ニュース > 歯を守る市民の会乳幼児幼稚園保育園専門部会研修会が開催されました

ニュース

歯を守る市民の会乳幼児幼稚園保育園専門部会研修会が開催されました (09/28更新)

歯を守る市民の会 乳幼児・保育園・幼稚園専門部会 歯科保健セミナーが開催されました。

日時:平成27年9月28日(月) 14時〜16時

場所:長野市役所職員会館
参加者 67名 (歯科医師9名、保育士49名、歯科衛生士5名、保育幼稚園課4名)

情報提供:「公立保育園における口腔内の負傷状況とその事例紹介」
情報提供者:長野市保育・幼稚園課 宮沢保育指導員

講演内容:「子どもの口腔内のけがの予防と対応の注意点」
講師:長野市歯科医師会 小林博昭先生(西長野歯科・こども歯科医院)

 長野市歯科医師会を含む市内の各地区歯科医師会、関係団体が共同で組織する「歯を守る市民の会」では、ライフステージに応じた専門部会を設け、市民の皆様の健康で豊かな生活を考え、関係者の知識向上と研鑽を図るための研修会を開催しています。
 乳幼児・保育園・幼稚園専門部会では園児が健康で充実した集団生活をおくれるよう、主に保育園・幼稚園関係職員との研修会を毎年開催しております。
 本年度は「子どもの口腔内のけがの予防と対応の注意点」の内容で、けがの内容とその対応・注意すべき点を中心に講演していただきました。
 子どものけがは注意していても起きてしまいますが、周囲の大人の対応次第では治癒率を向上させ、後の永久歯への影響を最小限にすることができます。講演が少しでも幼稚園・保育園の関係者の皆様のお役に立てれば幸いです。