HOME > ニュース > 8月5日歯を守る市民の会学校専門部会研修会が開催されました

ニュース

8月5日歯を守る市民の会学校専門部会研修会が開催されました (08/06更新)

歯を守る市民の会 学校専門部会研修会が開催されました。

日時:平成28年8月5日(金) 14時〜16時

場所:大豆島公民館

講演内容:「歯科疾患の健康格差と対策」

講師:東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野 准教授
    相田 潤 先生

 長野市歯科医師会を含む市内の各地区歯科医師会、関係団体が共同で組織する歯を守る市民の会では、ライフステージに応じた専門部会を設け、市民の皆様の健康で豊かな生活を考え、関係者の知識向上と研鑽を図るための研修会を開催しています。
 学校専門部会では就学中の児童および生徒が健全で充実した学校生活をおくれるよう、主に学校の養護教諭の先生方との研修会を毎年開催しております。
 本年度は歯科疾患の健康格差をテーマに、この分野での業績が多数あります相田潤先生を講師にお招きし、現状と対策についてご講演いただきました。
 歯科疾患でむし歯は減少しているものの、医療費に占める歯科疾患は疾患別にみても大きいものであり、健康格差は社会的要因が背景にあること、またハイリスク群には介入しにくいことなどをお話しいただきました。こうした点の対策を公衆衛生として考えていく必要があります。